リンク

  • ninja analize
  • にほんブログ村

  • ジオターゲティング
  • ヤドカリ図鑑
  • リーフリング
  • NinjaTool
  • カウンター
    無料カウンター

« WorldRun2017が中止になった | メイン | 再生 »

2016年12月18日 (日)

ホソジュズモを撤去

メインタンクの魚への給餌量を増量して、サンゴが成長し始めたように見えていたけれども、成長を感じたのは1ヶ月間ほどの事で、その後また成長が止まったように感じるのと、ウスコモンサンゴのグリーンが抜けてきている。
この状況とリンクしているのがホソジュズモの繁茂で、以前にホソジュズモがサンゴの成長に悪影響を及ぼしているような気がしてコケタンクの中のホソジュズモを全て取り出しておいたけれども、完全に取り除いたつもりのホソジュズモがどこからともなく再生してきて徐々にコケタンクに繁茂しており、繁茂してきている事は知りながら、あえて除去せずに様子を見ていた。そしておよそ一月ほど前にはコケタンクにギューギュー詰めの状態に繁茂していた。
ちょうどこのあたりから、またサンゴの成長が止まっている。

気のせいかも知れないけれども、ホソジュゾモが何かの役に立っているとも感じないし、ミニミニさんがブログで書いてられる様に栄養塩の除去能力など、炭素源や嫌気域の能力に比べれば微々たるもので、家の水槽では有っても無くても殆ど変わらないので、もう一度、完全除去してみた。

このホソジュズモ、完全除去してしまうと日本では入手し辛い様ですが、トロロ藻なんかと同じで一度繁茂させると、どこかに種が残るのか?、完全除去したつもりでも必ずどこからか再生してくるので、万一、再度欲しくなった時にも困る事はないだろう(笑)



さて、どうなる事やら・・・

コメント

コメントを投稿