リンク

  • ninja analize
  • にほんブログ村

  • ジオターゲティング
  • ヤドカリ図鑑
  • リーフリング
  • NinjaTool
  • カウンター
    無料カウンター

« 今のところ全員無事 | メイン | えらいこっちゃ!! »

2016年10月18日 (火)

水位センサー、作り替え

太陽光ブリードタンクのフロー管が詰まった時などに、水位が上がって溢れてしまうのを防ぐために、マイコンを使った水位センサーを付けており、水位が上がって設定した高さまで上がると、太陽光タンクのポンプを止めると同時にブザーが鳴って知らせるようにしてたんですが、ちょっと作りが悪かったせいで、大雨になると水位が上がっていないのにポンプが止まってブザーが鳴ったり、結構誤動作が多かった(笑)

ま、それでも実際にフロー管が詰まって水位が上がった時には、しっかり仕事をしてくれてたので特に改良するわけでもなくそのまま使ってたのですが、先日そのセンサーの電極を掃除した時に電極にしている炭素棒をポキンと折ってしまった。

なので、これを機会に作り替える事に。


前回は、炭素棒を水に浸ける電極として使ったセンサーを自分で作っていたけれども、今回はもっとシンプルに既製品のフロート式の水位センサーを使う事にした。

前回、なぜこんなのを使わなかったか?、と言うと、淡水水槽なら問題ないだろうけど、こういうフロートを使うセンサーだと乾いた塩が付着したりして大事な時にフロートが固着して動かなかったりしないかな?、という心配が有ったので、あえて電極式のセンサーにしたけれども一度試しに既製品のフロートタイプも使ってみようと思って、今回取り寄せてみた。

このセンサーは単純に水位によってON、OFFになるだけのスイッチみたいなものなので、マイコンのプログラムも回路も非常にシンプルにできる。

このセンサーにさせる仕事は、以前と変わらず水位が設定したところまで上がればポンプに電源を送るSSR(ソリッドステートリレー)への信号を止める事でポンプを止めるのと、合わせて「ピー、ピー、ピー」と1秒間隔で警告ブザーを鳴らすだけの簡単な仕事で、マイコンのプログラムとしてはブザーを間欠で鳴らすプログラムが一番複雑だったかな?

アイコンチップも8ピンの小さなチップで収まり、基盤も1/3くらいの大きさにできるので、ホントはケースから小さく作り直したかったのですが、それも面倒なので元のケースを使う事に。

Pa160266

Pa160265_2

ケースの中はスカスカ!!

Pa160263




これで、塩によるフロートの固着さえ無ければ良いんですが

どうなる事やら・・・

コメント

こんばんは~。
以前同じようなフロートを使って、
水位が上がってフロートが押されたら、
ポンプ止めるようにリレーを組んでいました~~。
サイフォン式からオーバーフローにしてからは
取り外しています。 ^0^

◆赤穂さん

こういう既製品のセンサーを使う方が
安心できますね(笑)

コメントを投稿