リンク

  • ninja analize
  • にほんブログ村

  • ジオターゲティング
  • ヤドカリ図鑑
  • リーフリング
  • NinjaTool
  • カウンター
    無料カウンター

« 夏も終わった | メイン | 今のところ全員無事 »

2016年10月10日 (月)

久しぶりに魚を

この連休中にアクアギフトへ行ってきた。

今回の目当てはサンゴではなく魚

アクアギフトのホームページを見ると、アンダマンフォックスフェイスが入ってたのでそれを見に。

アンダマンフォックスフェイスなんて魚は、あんまり話題に上らない魚で、高級なわけでもなく、レアなわけでもなく、目立たない魚ですが、個人的には好きな魚の一つです。

もう何ヶ月か前に、藻類処理担当だったヒフキアイゴが死んでしまって、藻類処理班が居なくなってたので、そろそろヒフキを入れないと・・・、って思ってたところでアクアギフトにアンダマンが入ってる様子だったので、同じ入れるならヒフキよりもアンダマンの方が好きだし、と思って車を走らせた。

アンダマンがヒフキと同じように良い仕事をしてくれるのかどうかは知らないけど、姿形から見ると、おそらく同じ仕事をするんだろう?、もし同じ仕事をしなくてもアンダマンなら許せるから仕事に関して期待外れであっても構わない(笑)


あと、つい先日、もう7年以上泳いでいたホンソメワケベラが☆になったのでホンソメも。

それから、つい最近まで給餌量を減らしていたのでハナダイ系を入れてなくて、水槽に魚の賑やかさが無くなってきていたけど、給餌量を増やす事にしたのでハナダイ系を入れようと思ってたところ、ちょうどアクアギフトに私の好きなメラネシアンアンティアスが入っていたので、それも持って帰ってきた。

Pa090195

3時間の水合わせを済ませてメインタンクへ放流

放流したのは先住民は寝静まった夜!

次の日の朝に見ると、先住民のイエローベリーダムセルがメラネシアンを追い掛け回していて5匹入れたけど、どれもサンゴの陰に隠れており生存が確認できたのは3匹だけ、アンダマンもどこに居るか分からない。まさかやられたんじゃ無かろうな?

ホンソメもどこにいるのか分からない・・・

イエローベリーもそんなに悪い子じゃなかったのに、いつからこんな悪い子に育ったんだろう・・・?


とりあえず、イエローベリーを落ち着かせるために大量給餌を何度か繰り返して様子を見てると、夕方になってホンソメが出てきて泳ぎ始めたのと、メラネシアンが5匹とも生存してる事が確認でき、アンダマンもサンゴの陰で生存してる事が確認できた。

これで、慣れて出てくる事ができるようになるのか?、それともイエローベリーに負けてしまうのか?

コメント

コメントを投稿