リンク

  • ninja analize
  • にほんブログ村

  • ジオターゲティング
  • ヤドカリ図鑑
  • リーフリング
  • NinjaTool
  • カウンター
    無料カウンター

« スーパーで買った海ぶどう、その後、その2 | メイン | 夏も終わった »

2016年9月29日 (木)

給餌量を増やしてみる

少し前にキモガニを捕獲して、「これでサンゴの成長スイッチが入るはず」なんて期待してましたが期待外れで、サンゴの成長スイッチは一向に入る様子がない・・・(笑)

まだ逃げてるキモガニが居るんだろうか?、なんて思いながら休日の照明が消えた夕方に水槽を眺めていると、2匹のクイーンエンゼルがしきりにサンゴを突っつき始めた!!

なんだろう?、薄暗くなってサンゴがポリプを出し始めると突っつき出すんだろうか?

普段の日は水槽を見る事が無い時間帯なので気付かなかったけど、もし毎日の様にこんな動きをしてるんだったらサンゴの成長スイッチも切れてしまうかも知れない・・・

まさか、クイーンが犯人じゃ無かろうな・・・(爆)


以前は主に妻が給餌係だったので、毎日、どちらかと言うと魚には「やり過ぎ」なくらいたっぷりと餌を食わしていたけど、ちょっとやり過ぎな気がしてきたので、給餌量を極端に減らすように指示していた。それから、もう3年以上になるし、妻に聞くと、最近は忘れて殆ど給餌していないとの事。なので朝に私が給餌する一回限りの日が多いようだ・・・


ひょっとして餌が少なくてクイーンエンゼルがサンゴにちょっかいを出すようになったんだろうか??

そう言えば、この頃、クイーンの成長速度が昔に比べると随分遅くなった・・・


そんなところから取り寄せてみたのが、フードフィーダー。

P9280162

今回買ったのはエイハイムの商品で、こんな器具は、30年ほど前に買ったきりで、その後は買った事が無かったけど、フードフィーダーも良くなってるんだな~。

タイマーで一日に4回まで給餌できて、しかもその1回ごとに給餌器を1回転させるか2回転させるかを選択できるので「朝は少な目、昼は多め」という風にも設定できる。また内部にファンが付いていて常に餌を乾燥させるらしい!!(昔のはよく内部の餌が湿気で固まってしまったもんだけど・・・)

でも、乾電池でファンを回してたんじゃ、すぐに電池が切れてしまわないか?、なんて心配して電池を入れてみると、ファンは回らない・・・

まさか、給餌中だけ回るんじゃないだろうな?、と思って、給餌のスイッチを入れるとファンが回りだした。

給餌器がクルンと1回転回る間だけファンも回るようだ。こんなじゃ役に立たんやろう?(笑)

ま、別にファンは無くても良いようなもんだし・・・


これで、毎日3回、昔のようにドバドバ給餌してみる事にしよう。

特に暗くなり始める夕方にしっかりと給餌する時間設定で!


さて、どうなる事やら・・・

コメント

うぉぉ!なるほどです!結果楽しみですね!?

◆デトリタスさん

給餌量なんて気にせずドバドバやってた時の方が調子が良かったような気がしてきたもので・・・(爆)

コメントを投稿