リンク

  • ninja analize
  • にほんブログ村

  • ジオターゲティング
  • ヤドカリ図鑑
  • リーフリング
  • NinjaTool
  • カウンター
    無料カウンター

« ホームセンターのボルトの強度 | メイン | サンゴをごっそりと廃棄 »

2016年8月21日 (日)

車椅子のキャスターをインラインスケートのウィールに

以前の記事にも書いた通り、車椅子のいろんな部分を変更して「走り」を測定している。

まだまだ、ほんの少しのデータしか出せていないけれども、予想通りキャスターの違いで走りが大きく変わる事を確信してきたのと合わせて、単純に経が大きい6インチのキャスターが5インチよりも良く走るというものでも無い事も分かってきた。そして、一般生活用の車椅子のキャスターは走らせる事よりも、安定性や使い勝手、乗り心地をより重視しているので、キャスターを替えれば、もっともっと走るようになるんじゃないか?と・・・

普通に考えれば、いろんなキャスターを使ってみてテストすれば自ずとよく走るキャスターが見付かる事になるんだけど、悲しい事に、車椅子のキャスターなど市場規模が小さ過ぎるために、いろいろ選択できるほどの種類が販売されていないのが現状で、試してみようとしても物が無い。

だったら、車椅子のキャスターとしてじゃなく、他の物に使われているキャスターで探せば何か良い物が見付かるんじゃなかろうか?。アスファルトの上でスピードを出すスポーツで、小さなタイヤが付いていて、しかも車椅子のキャスターと取り換える事ができそうな物は無いだろうか?というところから思い浮かんだのがインラインスケート。

インラインスケートだと種目にもよるけど、スピード競技の種目だとアスファルトの上でスピードを出す事が目的の競技なので、当然ながら、車椅子のキャスターよりもアスファルトの上での「走り」を重視して設計、製造されているはず。 しかもインラインスケートだとキャスター(インラインスケートではウィールと呼ぶ)に全体重が乗るので車椅子のキャスターよりも大きな荷重が掛かった状態で走らせる事になるけれども、それでもインラインスケートの方が数段よく走る。(足で蹴るのと、手で漕ぐのでは大きな違いが有るだろうけど・・・)

ただ問題なのは、実際に車椅子に取り付ける事ができるのか?、また適したサイズ(外径)のウィールが存在するのか?、そしてどこへ行けば買えるのか?、そんなところをいろいろ調べた上で、実際にインラインスケートを扱う大阪のプロショップへ行ってみた。そして何をしたいのかを全て伝えて相談に乗ってもらった。

行ってみたのがプロショップだったので、いろいろと非常に詳しく親切に教えて頂きながら、車椅子に取り付ける事が可能かどうかを検討してみたところ、まずベアリングのサイズが現在私が使っているキャスターのベアリングと同じサイズで、ベアリングの取り付け幅がウィールにセットした状態で車椅子のキャスターと比べて1ミリほど小さいだけだったので、非常に簡単に取り替える事ができそうだと判断した。

私としてはキャスターを取り替えるに当たっては、車椅子とインラインスケートではウィールのシャフトの太さも、取り付け幅も違うので、最低限、キャスターフォークの作り直しが必要だと思ってたけど、予想外に車椅子のキャスターと共通している部分が多くて、非常に簡単に取り替える事ができそうな感じだった。

そして、たくさんの種類があるウィールの中から適してるであろうウィールをチョイスして頂いた。

P8201495

「お試し」と言う事でレース本番用ではなくて練習用のどちらかと言えばリーズナブルなのをチョイスしてくださった。

もしこれが気に入ればレース本番の時にレース本番用を購入する事にする。(本番用は6個セットで3万円ほどする)

このホイールを手で持って一番に感じた事は、非常に軽い事!!

実際に測ってみると

P8201507

P8201508

1個あたり70グラムほど軽い!!

考えてみれば、足の下に片足だけでこんなウィールを3個~4個ぶら下げて走るんだから、車椅子と違って軽量化も非常に重要な要素の一つですよね。

そして、ウィールだけではなくインラインスケート用のベアリングとスペーサーも一緒に購入したのと、ウィールからベアリングを取り外す工具とベアリング用のオイルも合わせて購入。

P8201496

↓ベアリングのスペーサー

P8201499

↓べリングを外すツール

P8201500

↓ベアリング用オイル

P8201498

他のパーツと工具も合わせて価格は13000円少々!!。私が今使ってるキャスターを買うのと同程度(笑)

おそらくインラインスケートの世界では最大のサイズになるであろう125ミリ(5インチ)のウィールをチョイスしてもらったけど、これはスピード競技用のウィールらしいので私の狙いには最適なはず!!



そして、次は車椅子への取り付け!!

まずウィールにベアリングとスペーサーをセットするんだけど、インターネットの情報では専用工具が必要なように書いてあるのをよく見かけたけど、何の事はない、手で少し押し込んでから平らな机の上でベアリングを下にしてウィールを上から真っすぐ下向きに押してやれば簡単に入る。

ベアリングとスペーサーを入れたら、現在のキャスターに使っているカラーをウィールのベアリングに挿し込む。

P8201505

車椅子のキャスターと比べて1ミリほど幅が小さくて、カラーとベアリングに2ミリ弱程度の隙間ができるので、この隙間に1ミリ厚のワッシャを入れる。(両側に)

P8201509

これで、きっちりと隙間もなく取り付ける事ができるけど、実際に取り付けてボルトを締めてみると、ほんの少しベアリングに抵抗が発生した。本当ならベアリングとベアリングの間にスペーサーが入ってるのでボルトをいくら強く締めてもベアリングに抵抗が発生するはずは無いので、ひょっとすると、ベアリングはウィールと面一でなく、少し中に入り込む位置まで入れ込まないといけないのかも?と、もう一度外してベアリングを少し中まで押し込んでから締め直したところボルトを締めても、ベアリングの抵抗は発生しなくなった。このあたりは見落とし易い事なので今後注意する必要がある。


そして、取り替え完了

↓元の状態

P8201501_2 

↓キャスターを取り替えて

P8201510

見た目は、ちょっとおもちゃっぽくなったかな?

でも、これでインラインスケートのウイールがほとんどどれでも簡単に付け替える事ができる事が分かったし、インラインスケート用のウイールなら種類もいっぱいある中から選択する事ができて、しかも安くで売ってるので、これから、もしレースを続けなくなるとしても、もう車椅子用のキャスターを買う事は無い気がする(笑)

同じ事をやってみようと思う人がいるかどうかは知らないけど、もしもそんな人がいた時のために簡単に取り付けた時の納まりを図面で書くと

Photo

↑こんな感じ!!




これで、またしばらく「走り」を計測してみる。

コメント

コメントを投稿