リンク

  • ninja analize
  • にほんブログ村

  • ジオターゲティング
  • ヤドカリ図鑑
  • リーフリング
  • NinjaTool
  • カウンター
    無料カウンター

« ホーンボタンを柔らかく 改良 | メイン | ホームセンターのボルトの強度 »

2016年8月14日 (日)

ステアリングハンドルの本革巻き、2度目

先日、ハンドルを本革巻き加工して置いてあったのを実際に車に取り付けて運転してみた。

やはり合成皮革と違って本革の感触は良い!!

でも、今回2種類の色違いの革を使い、普段握る3時と9時のポジションにはダークブラウン、12時と6時のポジションには黒の革を使ったんだけど、ダークブラウンは少し固めで少し滑る感じの革質で黒はソフトでグリップが良い。

P7241441

3時と9時を黒で、12時と6時をダークブラウンにしたほうが良かったかな・・・?、と


そんなところで、革はまだ余ってるのでもう一度巻き直す事に(笑)

で、はじめは元々使ってたダークブラウンと黒のポジションを入れ替えるだけのつもりだったけど、黒の革質が気に入ったので、どうせならと思って、そのダークブラウンは使わずに、同じお店で扱っている茶色の革を改めて取り寄せた。

元の黒の革と同じような感じなのかどうかは現物を見ないと分からなかったけど、届いた実物を見ると、ほぼ同じ手触りだったので取り寄せて良かった!!


今回も外した元のハンドルを加工するので急ぐ必要はないんだけど、早速取り掛かる。

加工方法は前回とほぼ同じ
http://masax.blog.eonet.jp/default/2016/07/post-b766.html

だけど、前回は革を縫うための下穴を開けるのにミシンを使って開けたけれども、ミシンだと下穴は開くけど穴が小さいので針を通すのに手間と力が必要だったのと、どうしても向かい合わせの下穴の位置が徐々にズレてくるので、今回はレザークラフトのセオリー通りに、菱目打ちを使って下穴を開けてから縫う事にした。

P8141474

↑菱目打ちという道具を使う

下穴を開けていくのが面倒だけれども、縫ううときには針が軽く通るのと、縫い目がズレていかないので後の作業が非常に捗る。

やはり自分の得意分野じゃない工作は、セオリー通りにやるのが正解ですね(笑)

そして、これはセオリー通りではありませんが、菱目打ちで開けた穴を白くて細い糸(しつけ糸)で先に縫っておく。

P8041445

これは、実際にハンドルに巻いて縫っていくときに、老眼のせいもあって、下穴の位置が分かり辛くて(特に革の裏側から穴を探すときに)、穴を探す時間が多かったので、こうして目印の糸を通しておくと仕事が捗る。(全て縫い終わったらこの糸は抜く)

そして全て縫い終わったのがこれ↓

P8111448

1回目より綺麗に仕上がったけど、茶色じゃなくて焦げ茶色にすれば良かったなぁ・・・

P8141457

まぁ、握ったフィーリングは良くなったし、良しとしておこうか(笑)

コメント

コメントを投稿