リンク

  • ninja analize
  • にほんブログ村

  • ジオターゲティング
  • ヤドカリ図鑑
  • リーフリング
  • NinjaTool
  • カウンター
    無料カウンター

« 2016年4月 | メイン | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月29日 (日)

スーパーゴムコーティング

先日施したゴムコーティング。

グリップが良くて、使い心地も良い。ただ、少し心配していた通りで接着力が弱く、30㎞程度の走行で所々、表面のゴム膜が破れはじめた。破れ始めると、その破れた部分から剥がれ始めて、どんどん広がっていく。日焼けした背中の皮が剥がれるようにどんどん捲れてくる事になる。

P5281299

やはり、「タイヤコーティング」という事になるのか?

タイヤコーティングだと耐久性については全く問題は無いけど、タイヤはゴムが固いので、グリップ力ではゴムコーティングの方が優れているだろうし、タイヤコーティングに使うチューブラータイヤを持ってみて感じたのが、その「重さ」。1本でチューブを抜いても150グラム程度の重さがあるので、2本で300グラムの増量となる。

さぁ、どうしようか・・?

と、糸を解いてバラしたチューブラータイヤを眺めていたら、閃いた・・・

チューブラータイヤはあくまでもタイヤで、しかもママチャリとは比べ物にならない高い空気圧(10気圧程度まで)に耐える必要がある、その性格上、当然頑丈に作る必要がある。その強度を確保するためにある程度の厚みが必要になってくるので、当然その分だけ重くなってしまう。

もしも、そんな強度が必要なければ、当然もっと薄く作れるし、その分だけ軽量化できる。


チューブラータイヤをバラしてみたら、ゴムを染み込ませた布地にトレッド(接地面)のゴムシートが貼り付けてあるだけの非常に簡単な構造。(単なるハチマキ)

P5220004

こんな物なら、もっと薄くて軽い素材でハチマキを作ってゴムコーティングを塗れば良いんじゃない!!


そんなところで、タイヤコーティングをやる前に自分でゴムコーティングV2をやってみる事に・・・

まず買ってきたのは、これ↓

P5290009

 近所の手芸屋さんで、薄くて(向こうが透けて見えるくらい)、繊維が強い生地を選んで買ってきた。

これを切って、ミシンで縫って、チューブラータイヤと同じようなサイズの帯を作る。

P5281296

ここで非常に重要な事がある。

手芸などの世界では当たり前なのかもしれないけど、このリング状の物に繊維が固く伸縮性のない生地をシワが無く綺麗に被せようとする場合、生地の繊維方向に対して45度斜めにカットした帯を作る事が重要になる。帯の方向に対して繊維を45度で交差させる事で伸縮性の無い生地に伸縮性を持たせる事ができるようになり、リング状の物に伸縮性の無い生地を綺麗にフィットさせる事ができるようになる。綺麗に貼り付けるだけならジャージ生地のような伸縮性のある生地を使えば良いかもしれないけれども伸縮性のある生地を使うと繊維の強さを活かせなくなるので基本的には伸縮性の無い生地の方が強い物が作れる。

P5290010

 ↑45度で帯を切り取った残りの生地(斜めに取る事になるので無駄になる生地が多い・・・笑)

そしてこれをハンドリムに被せて手縫いで縫っていく。

P5281297

P5281302

生地に全くシワやたるみが無い様にピンピンに張った状態で仕上げる

そして、この上からゴムコーティングを擦り込んでいく。

P5291303

これが乾燥すれば、今度は普通に刷毛で上塗りを繰り返し生地の繊維が浮かんでこなくなるまで重ね塗り。

3度ほどの重ね塗りで繊維は見えなくなった。

これで、破れたり剥がれたりする心配はないし、グリップはタイヤよりも優れている。

表面が摩耗してくれば、ゴムコーティングを刷毛で上塗りすれば良いはず。

パーフェクトなゴムコーティングが完成した気がする!!

間違いなく2万円級のゴムコーティングやタイヤコーティングよりも高性能なハンドリムになっただろう・・・笑


因みに今回使ったゴムコーティングは

「Performix ゴム・コーティング剤 プラスティ・ディップ」

P5291304

左が前回使ったヘンケルの「カラーガード」、右が今回使った 「プラスティ・ディップ」。

容器の大きさや形が全く同じで中身の感じも同じなので、私の勝手な想像ではどちらも同じところで作られてる製品なんだろう・・・笑

「プラスティ・ディップ」の方が少しだけ安かった。



タイヤコーティング用にチューブラータイヤも買ったけど

なんとなく出番が無くなった様な気がする・・・



走り込んで何ヶ月持つだろう・・・?(自分の予想では、ゴムコーティングの上塗りだけで3年以上持たせる事ができるんじゃなかろうか)

2016年5月22日 (日)

ハンドリムのゴムコーティング

World Run 2016を終えて、次の2017に向けてトレーニング方向を考えているところですが、マシンの方は早速チューンナップしたいところが出てきたのでやってみる。

今回の改造箇所はハンドリム

ハンドリムというのは、後輪(大きなホイル)に付いている大きな「輪っか」で、これを握って押して(レースでは叩いて)ホイルを回す事で車椅子を動かすんですが、このハンドリムと手が滑ると良くないのは深く考えなくても分かるので、2016のレースに出るに当って、よりグリップを強くするためにできるだけ滑らないグローブを作ってきて使った。

実際にグリップは非常に良くなったけれども、実際に走った中ではほんの少しではあるけれども「滑る」とまではいかないまでも「ズレる」という瞬間があった気がした。

このほんの少しの「ズレ」が結果にどの程度影響したのか?は分からないけれども、レーシングカーのクラッチが滑るのと同じなので、多かれ少なかれ、この「ズレ」の分だけパワーをロスしたのは間違いない。
そんなところで、この「ズレ」をより少なくする為に何ができるか?

グローブに関しては、もうこれ以上グリップが強い物を作れる気がしないし、車椅子マラソンなどで使われるレース用のグローブは高いお金を出せば買えるけど、World Runに出場できる一般生活用の車椅子とは漕ぎ方が違うので生活用車椅子を漕ぐには向いていない気がするし、だからと言って一般生活用の車椅子用のレース用グローブが売ってるかと言えば、そんな物は高いお金を出しても売っていない(笑)

グローブが完成なら、次に考えるのはハンドリム!

ハンドリムをどうにかするとすれば、表面をゴムで覆う「ゴムコーティング」というところかと思うけど、聞いてみるとゴムコーティング加工をするのに2万円近くかかる上に、レース用などのハードな使い方をすれば1年も持つのかどうか?というところ。ただゴムコーティングなら自分でもできそうな気がする(笑)

以前、フォームEWさんが紹介してくださってたゴムのコーティング剤を使えばできるんじゃなかろうか??

また別の方法で「耐久性」という面で考えると、丈夫でグリップの良いゴムシート等をリムにしっかり貼り付ける事ができれば良いけれども?、というところで思い付いたのが、ロードバイクなどで使われるチューブラータイヤを縫い目をバラしてチューブを抜いてからハンドリムに被せてもう一度縫い付ければどうだろう??。チューブラータイヤならある程度のグリップは間違いないだろうし、あくまでもタイヤなんだから耐久性も問題は無いはず。「レース用 ハンドリム」なんかで検索すると、「タイヤコーティング」なんてのが有って詳しくは書いてないけど、こういう事なんだろうか??

これなら失敗しても剥がすのも簡単だし、とりあえずやってみよう!!
というところで、まずはゴムコーティング材で、今回はヘンケルの「カラーガード」という商品を取り寄せたのと、合わせてサイズが合いそうで、安価なチューブラータイヤも注文しておいた。

34988_2 


そして、まず「カラーガード」が先に届いたので、どんな感じの材料なのか、アルミパイプに塗ってテストしてみる。

アルミパイプは表面をパーツクリーナーで洗浄だけして、まずはサンドペーパーなどは使わずにそのままの表面の上から塗布してみた。そして4時間ほど放置してから再度上塗りしておく(2度塗り)

そして24時間ほど放置してカラーガードがしっかり乾燥してからカラーガードを塗布したところを爪で力を入れて引っ掻いてみるけれども意外にしっかりしていて破れたり剥がれたりしない。ただ、塗布したところの端(塗布していないところとの境目)を爪に力を入れてセロテープをめくるような感じで引っ掻くとわりと簡単に剥がれ始めた。剥がれ始めたのでその剥がれ始めたところを指でつまんで剥がす方向に力を入れて引っ張ってみると、千切れずに一枚の皮の状態で剥がれてくる。乾燥したカラーガードはかなりしっかりした素材で生ゴムのようによく伸びるけれども、生ゴムよりも強い感じがする(よく伸びるけれども腰が強くて千切れ難い)。素材としては非常に良さそうな感じがするけど接着力が弱い。試しにグローブのゴムの部分を叩きつけるようにしてみると表面に穴が開いて剥がれ始めるところが出てきた。

アルミという素材はそのままでは塗装なんかの場合でも酸化によってすぐに剥がれるけど、ゴムコーティングの場合も同じ事なんでしょう。試しにサンドペーパーで表面を荒らしてからコーティングしてみると、逆により接着力が弱くなったので、上記の理由で間違いないだろう。

専用のプライマーでもあれば、と思ってメーカー(ヘンケル)に問い合わせてみたけど、プライマーは出していないとの事。

接着力さえ出せれば、非常に良い素材だと思うのでメーカーは出していないけど、アルミの塗装なんかの時に使うプライマーを使えばどうだろう・・・?、とアサヒペンの「メタルプライマー」とやらをホムセンで買ってきた。

P5211295

そして、このメタルプライマーで下処理してから「カラーガード」を塗ってみて、これも2度塗りし、24時間乾燥させてから塗布した部分の端っこを前回と同じように爪で引っ掻いてみると、前回とは大違いで簡単には捲れないし、グローブのゴムの部分を叩きつけても剥がれてこないし破れもしない。

無理やり金属片でえぐり取るようにすれば剥がれ始めるし、剥がれ始めた部分をつまんで引っ張ると千切れずに捲れてくるけど、これなら使えるかも?

というところで、とりあえず実際のハンドリムでやってみる。

まずはパーツクリーナーで油脂を落とし、メタルプライマーで下処理し2時間ほど乾燥させた後、刷毛でカラーガードを塗りつける。それから2時間ほど乾燥させて重ね塗り。刷毛塗りだと「どぶ浸け」ほど厚く塗れないので、重ね塗りを3回繰り返して合計4度塗り。

P5220006

これで実走テストに入る事にしよう。



どうなる事やら・・・

追記

その後、改良型「スーパーゴムコーティング」に変更

http://masax.blog.eonet.jp/default/2016/05/v-fd79.html

2016年5月19日 (木)

天然パワー

今日は木曜日だけど休日出勤の代休をもらったのでフィールドへ

行先はいつものホームグラウンド。

気温も高くて、水もほんの少し冷たい程度で、普通に泳いでも大丈夫な感じ。

収穫は

P5191288

まずは水槽に天然パワーをぶち込むためにライブマッド

それから、ちょうど捕り易いところにイガイに絡んだケヤリムシがいたのでイガイごと岸壁から剥がして捕ってきた。

P5191290

分かり難いでしょうけど、3匹のケヤリムシが絡んでます。

それからもう一つ、いつものシッタカ

P5191292

ケヤリムシは太陽光ブリードタンクに放り込み

シッタカは殆どをメインタンクに入れて、10匹ほどだけ太陽光タンクにも

そして、スキマーを2日間ほど止めておく。


それから、採ってきたライブマッドをメインタンクに放り込んだ後、採集容器に残った泥水をバクトフードSPで培養する!!

昨年だったかな?、このライブマッドの泥水で培養を始めたバクトフードSPは4本のボトルで培養している中でも最高の状態をキープしているので、他の3本のボトル全てをこの泥水で培養してみてどうなるのかを観てみる。


さて、これで少しでも水槽にパワーが戻ってくれる事を期待しておこう。

2016年5月12日 (木)

World Run 2017に向けて

今回のレースは私にとっては初めての本格的なレースだったので得るものが非常にたくさん有った。

今回のレースに向けてのトレーニングは主に、ほぼ平坦なコースをとにかく一定のペースで長時間漕ぎ続けるトレーニングを主にやってきた。

そして、そのトレーニングの結果を出すことはできた。

結果としては満足できる結果だったけれども、実際のレースを振り返ってみると、もっと距離を延ばせる可能性が見えてきたので2017年に向けての課題を考えてみた。


そして、2017年に向けての一番の課題と思ったのが「上り坂」

平坦地では一般ランナーとほぼ並走できるし、下り坂になると20㎞/hを超えるスピードで一般ランナーをゴボウ抜きにする事もできたけれども、いざ上り坂になると自分一人だけが失速状態になりズルズルと順位が下がり、一般ランナーに先行され「ゴボウ抜き」ならぬ「ゴボウ抜かれ」の状態になる。下り坂で抜いた分だけ抜き返される感じかな・・・笑

今までの練習では、上り坂はなるべく体力を消費しないよう無理せず適当に流して平坦地でペースを落とさないように心掛けた走り方で仕上げてきたけれども、実際のレースを終わってみて、まだ体力的には余裕があった気がするので、上り坂でもっと無理をしても良かった気がする。

そんなところから2017年に向けての練習として、平坦地は今までと変わらず続けるけれども、上り坂のトレーニングに力を入れていこうと思う。

丁度、私の家の前からすぐのところに練習に最適な、きつめの坂道があるので練習場所には困らない!!


他にもいろいろ有るけど

また1年掛けてトレーニングする事にしよう!!

2016年5月10日 (火)

Wings for Life World Run

5月8日に出場したWings for Life World Runの成績が公開された!

成績は

Worldrun

走破できた距離は15.55㎞

順位は男子の中で722位って事なのかな?

目標は12㎞だったので結果としては大満足!!

健常者のランナーともある程度勝負できる事も確認できた・・・笑

今までの練習のデータから、今の私の実力では長距離で時速10㎞を超えるアベレージを出す事はまず無理だと考えていた(過去の最高アベレージは時速9.93㎞)のに、計算してみると結果としては時速10.135㎞のアベレージを出した事になる。長距離の経験者ならこの時速0.205㎞の違いがどれだけ大きな違いか?という事は分かってもらえるかと思うけど。夜8時のスタートで、コースは田んぼや畑の中を中を走る道路がほとんどで真っ暗なコースなのに、コースには至る所で市民のみなさんが見知らぬ私達に「がんばって」って大きな声援を送ってくれて、それがホント大きな力になった事は間違いない!!


私、個人的には若い頃からマラソンなんかの長距離走は大嫌いで

ただ走るだけで苦しいだけのスポーツの何が面白いのか?

なんて、つい最近までさっぱり理解できなかったんだけど

このWorld Runは楽しかった!!

産まれて初めて、ただ「走るだけ」の楽しさが理解できた・・・笑



しかし、このレースに参加していた他の車椅子のランナーの中に

物凄いランナーがいた!!

年齢は見た感じ、おそらく私と変わらないだろうし、決して若くないのに

スタートしたと思ったら驚くようなスピードで前を走る健常者ランナーの間を縫うようにすり抜けていく。

追尾しようと頑張って追いかけてみたけど、スタートから100メートルも走らないうちに見失った。(こちらはまっすぐ走っても追いつけなかった気がする)

その後、レースが終わってから私と一緒に出場した会社の同僚達に聞いてみると、私も含め車椅子のランナーは安全の為なのか、ただでさえハンデがあるのに、その上に完全な最後尾からスタートさせられたんだけど、ずっと前の方からスタートした同僚たち(健常者)がスタートして2キロ程度のまだまだ体力が残ってた段階で、その車椅子ランナーにズバっと抜かれて、その後追い付くことも無かったと・・・。(追いつける気がしなかったと)

その抜かれた同僚達でも、20㎞以上の成績を出しているので、おそらく20㎞を遥かに超える成績を出したんだろうと思う。

それを思うと、15.55㎞程度の成績で喜んでる場合ではないし

よ~し、来年もエントリーしよう!!


新しい目標が見付かった気がする・・・・

2016年5月 8日 (日)

いよいよ レース本番

いよいよ楽しみにしていたレースの日がやってきた。

体もマシンも順調に仕上がっている!

今回、私が出場するのは「WINGS FOR LIFE WORLD RUN 2016」というレースで世界34会場で同時にスタートするレースで、車椅子でも参加できて健常者といっしょに走る事ができる。http://www.wingsforlifeworldrun.com/jp/ja/

また、レース用の車椅子ではダメで、一般生活用の車椅子でないと参加できないところも面白い。きっとレース用だと速すぎてキャッチャーカーが追い付けないんでしょう・・・笑


このレースはマラソンのようなものですが、マラソンと大きく違うのが、マラソンのようにゴールを目指して走るのではなく、後から追いかけてくるゴールからどこまで逃げられるかという面白いレースで、簡単に説明するとランナーが決まった時刻(日本では夜の8時)にスタートすると、その30分後に「キャッチャーカー」という車(これがゴール)が同じスタートラインからスタートし、初めは時速15km(時間が経つとスピードが上がってくる)で追いかけてくる。そしてこのキャッチャーカーに追い付かれたランナーはその時点でゴールとなり、そこまで走れた距離がそのランナーの記録となる。15kmあたりが平均的な記録らしい。

普通のマラソンなら42.195km先にゴールがあり、あるいはハーフマラソンなら20km先にゴールがあるので、当然ですがその距離を走りきれなかったり制限時間内にゴールできなかった場合は失格となるのですが、このWorld Runの場合は後からゴールが追いかけてくるので途中で歩こうが止まってしまおうがコースから離脱しない限りゴールする事ができる(勝手にゴールさせられると言った方が正しいか??)ので体力に自信が無くても、また私のように障害者であっても楽しく参加する事ができる・・・はず。


世界で同時にスタートするので、日本では時差の関係で本日夜の8時にスタート!!

生中継でオンエアされるらしいので興味のある方は見てください。

http://www.wingsforlifeworldrun.com/jp/ja/news/on-air-4727/



はじめて参加するレースだけど、どんな大会なのか楽しみ!!


そろそろ会場に向かって出発しようかな。