リンク

  • ninja analize
  • にほんブログ村

  • ジオターゲティング
  • ヤドカリ図鑑
  • リーフリング
  • NinjaTool
  • カウンター
    無料カウンター

« 大きな勘違い | メイン | BPシステムではなくなった!! »

2014年2月25日 (火)

コンデンサーチューン、リップル再測定

http://masax.blog.eonet.jp/default/2014/02/post-ee8b.html
から続く



昨日、オシロスコープでの測定方法を完全に間違っていたので、再測定!


まずは設置したコンデンサ回路のマイナス側を外してから

測定箇所は昨日と変わらず、アクセサリー電源とし、リプルがよく見えるようにオシロスコープの設定を合わせると

一コマ10msec、0.1V あたりが見易いようで

振幅0.2~0.3V程度のリップルが出ているのが分かる。


これにコンデンサ回路を組み込むとどうなるのか?

というところで

再度コンデンサを組み込んで測定したのがこちら

オシロの設定は先程と同じで一コマ10msec、0.1V で

そんなに大きな違いは出ていないけれども2つの動画を同時に再生して見比べると、線の幅が少し細くなってるのが分かる。

でも この程度の違いで燃費や走りに違いが出るのかどうか?



実測はまた次のスキーの時にでも(おそらく来週末)


http://masax.blog.eonet.jp/default/2014/03/post-cce7.html
に続く

 

 

コメント

コメントを投稿