リンク

  • ninja analize
  • にほんブログ村

  • ジオターゲティング
  • ヤドカリ図鑑
  • リーフリング
  • NinjaTool
  • カウンター
    無料カウンター

« 2013年12月 | メイン | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月28日 (火)

必要じゃ無かったもの

昨年の5月頃に調子を崩し、そこから復活させるために まずは何かが不足してるだろう?、との予測からシステムの足し算戦法で進めていき 昨年の10月頃に状態が改善されてきたので足し算してきた中から本当に必要だったものは何か?、逆に言うとホントは必要じゃなかった物は何か?、を突き止める為に システムの引き算に切り替えて進めてきた。

そして引き算システムに切り替えて4ヶ月近くになってきて、必要じゃなかった物として確定できたものが微量元素の総合添加剤!!

かなり以前から、カルシウムリアクターさえ設置していて、ある程度の換水さえやってれば微量元素の総合添加剤など全く必要は無いと考えていたけれども これが間違いではないと確信する事ができた。


他にも 必要ではなかったと判断できそうなものがいくつかあるけれども まだ確信できるところまで結果が出ていないので 確実な結果が出るまで観察する事にする。


そして どんどん引き算システムを続けてきて最終的に現在行ってる事と言えば・・・・

・月に一度の1/3量換水
・4~5日に一度の足し水25リットル
・毎日の魚への給餌

考えてみると 普段やってる事は ただこれだけになってた(笑)


ようやく以前の鉄壁のシステムに近付いてきたか!!

 

 

2014年1月26日 (日)

炭素源の添加を中止してみる

炭素源を1日あたり2ccまで減らして1週間を見たところ栄養塩に特に変化が無かったので 炭素源の添加を2日に一度2ccまで減らして また1週間様子を見てみたところ これも栄養塩には特に変化は無い。

サンゴの様子はというと これも特に変化はない!!

こうなったら 一度、炭素源を完全に絶ってみたらどうなるか??

やってみるしかないので やってみる!!

P1250061
coke-system が完全に立ち上がれば炭素源は必要無いのかどうか??

2014年1月25日 (土)

カーナビ音声出力をAUX入力に

前の車(V70 T5)は時代のせいだろうか?、標準装備のCDプレーヤーでコピーしたCDを読み取る事ができず、それと合わせて私が持ってるCDは全てコピーだったので、車でCDを聞くことができなかった(笑)・・・・(その以前の850RのCDプレーヤーでは聞くことができた) 

だからと言ってプレーヤーを取り替えるのも面倒だったので前の車ではCDを聞く事を諦めていた。

前の車でコピーCDが聞けなかったのはきっとコピーガードを強化するためだろう、と思ってたので、もう最近の車ではコピーしたCDを聞く事はできなくなったものだと理解してたけれども、ちょっと調べてみると、コピーガードの為ではなく単にコピーしたデータを読み取る事ができなかっただけのようで最近のオーディオではコピーしたCDも読めるようになってるとか・・・・

そんなところで ひょっとして今度の車(V50)だとコピーCDでも聞けるかも知れない、と試しに入れてみると、嬉しい事に普通に音が出始めた!!

メインのカーオーディオだけではなくカーナビでもCDが再生できるので、こちらも試しにやってみると、こちらも問題なく再生できる。

メインのオーディオはCD6連奏で、カーナビは「ミュージックサーバー」とか言って、再生したCDをハードディスクにどんどん録音して貯めていく機能が付いているので非常に便利!!。およそ240枚分のCDが取り込めるんだとか。今の時代なら、もうこんな機能は当たり前なのかも知れないけれども、5~6年間カーオーディオと縁が切れていたガラパゴスにとっては驚きの機能だった(笑)。

こんなミュージックサーバーがあれば メインの6連奏CDなんて必要ないやん!!

なんて思ったけれども、世の中そんなに良い事ばっかりではなく このミュージックサーバーは機能としては便利だけれども 音源をダイレクトにアンプに繋いでるのではなく FMの電波で飛ばして、その電波をFM放送として受信して再生する方式なので雑音が入る事が多く!! 音質も悪いそうだ(音質については私の耳では解らないけど)・・(笑)。ボルボは以前から標準で装備されているオーディオが、わりとマシなのが付いてるので、もしこのナビの音源をダイレクトにアンプに投入できれば私としては最高のオーディオシステムになるのに・・・・

そんなところで この音源をどうにかダイレクトにアンプに入力できないか?

いろいろ調べてみたところ この車にはウォークマンやスマートフォンの音源を再生できるようにAUX入力端子が付いている(これもガラパゴスにとっては驚きでした)。ここへナビの音声出力を入力すれば良さそうだけれども、ナビ側には普通の音声出力端子はなく、「IP-BUSメインユニット」とかいう物を接続しないといけないらしい。

Cra4181a

Cra4181a_2

Cra4181a_3

でも よくよく見てみると説明書の下の方に・・・・

コネクターを使うと音声をRCA出力できるように書いてある!!

という事は このコネクターでRCA端子に出力してから、それをピンジャックに変換してAUX端子に放り込めばできるんじゃないか? 


とりあえず取り寄せてみたのが

パイオニア carrozzeria IPバス形状音声出力・RCAインターコネクタ- CD-BR10 CD-BR10

41snaek8eal__sl500_aa300_ それから

ソニーのAVケーブル RK-G129

Rkg129


これをカーナビに接続するのに、カーナビを外す必要がある。

ナビはグローブボックスの中に設置してあるのでグローブボックスを外す。

P1250037

5本のネジで止まってたけれども このネジが「トルクスボルト」なのでトルクスドライバーも取り寄せた(笑)。トルクスレンチは既に持っていたけれども どうも使い勝手が悪いので これを機にドライバーも買っておいた。

ボルボでは850の頃から このトルクスボルトが多用されていてタチが悪い(笑) 

グローブボックスのネジを5本外せば取れるような事が他所のサイトに書いてあったので気楽にやり始めたけれども 実際にやってみると周りのパネルなども外していく必要があって、結構本格的なバラしになった(笑) 

P1250042 
ここまで来れば あとはこのナビが入ったボックスを止めてるネジを4本外せば出てくる。

P1250047 
↓音声出力の端子も見つかった

P1250046 
ここに取り寄せたコネクターを差し込んで、そのコネクターに変換ケーブルを繋ぎ、その変換ケーブルのピンジャックをダッシュボードの後ろのボックス内にあるAUX入力端子に差し込む!!

P1250051 

さて まずはこれで音が出るのか・・・・??


オーディオのソースをAUXに切り替えて ナビのミュージックサーバーを起動・・・・



出たぁ~~・・・・!!




作戦成功!!

うまくいったので配線をなるべく見えないように隠して完成。

これでテレビの音声もダイレクトに再生できるようになったので雑音も入らない!! 


これで また久しぶりに車で音楽を楽しむ事ができるようになった。

   

2014年1月20日 (月)

今シーズン 初スキー

注文していた車が先週末に無事、納車された!

納車されたのが午前中でしたが 以前使っていたスタッドレスはサイズが合わなかったので その午後にすぐスタッドレスタイヤ&ホイルも履き替えに行っておいた。


そして翌日、早速、試運転を兼ねてスキーに行ってきた。

行き先はいつものホームグラウンドで今庄365スキー場まで。

距離は120㎞ほど。

前日からこちら京都でも結構な雪が降り始め その朝には家の前から道路に雪が積もってる状態で スタッドレスタイヤのテストにも最適なコンディションになった(笑)

今回、使ったスタッドレスは ブリジストンの「アイスパートナー」というタイヤ。

ブリジストンのスタッドレスと言えば ブリザックしか知らなかったし、使った事も無かったけれども いつも行くタイヤ屋さんで

「今回、予算が無いねん!!」

って言うと奨めてくれたのが この「アイスパートナー」というスタッドレス!

以前のブリザック REVO2と同等の性能だとか・・・


今回は積雪がしっかり しかも長い距離だったのでテストとしては十分で

結果としては、価格は安いのに確かにREVO2(前のタイヤがそうだった)と同等の喰い付きだったので十分に使えるタイヤだった印象。


車はどうか・・・・?

もう コーナーを攻めにいくような歳でもないので コーナリングの限界性能なんかは分からないけれども 過去に乗っていた850R、V70T-5 なんかのスポーツタイプよりも安定感があるように感じたのと 最小回転半径が以前の車と比べてかなり小さいので取り回しが非常に楽だった。でもでも、そんな事より 一番良いと思ったのはフットレストの位置で 今までの850RもV70もフットレストに関しては 付いてはいるけれども非常に奥深い位置に付いてるものだからアクセルやブレーキにシート位置を合わせるとフットレストは遠すぎて踏ん張れないし シートを踏ん張れる位置にセットするとアクセルとブレーキが近すぎる位置になってしまうので はっきり言って使い物にならないフットレストだった。でも 今回のV50のフットレストの位置は抜群で非常にしっくりくる(笑) 


そして スキーは・・・・?

足の障害も徐々に進行してきてるので 今年こそはもう滑れないかな?、なんて思いながらも 実際には滑ってみないとどうだか分からないので とりあえずリフトに乗ってみた!!

そして滑りだすと・・・・

ガンガン飛ばして滑る事はできなくなったけれども 人に迷惑をかけない程度に滑る事はできたので一安心(笑)

歩く事はできなくても なぜかスキーはできる

自分で言うのもなんですが

変な奴です!!

2014年1月14日 (火)

車を買い替え

当分、車を買い替えるつもりなど無かったのに・・・・・・・

年末に車を車検に出したところ 整備工場からドライブシャフトやスタビライザー、ハブベアリング、その他諸々、動力伝達系と足廻りにガタがきているらしくて すべて直すとマシな中古車が買えるほどの整備代になるけど、どうしますか?、との連絡が入った。

まぁ、13年で走行距離は12万キロだしガタが出るのは当たり前だろうけど 一度にあっちもこっちもガタが出たものだからビックリするような整備見積りが・・・・!!

そんなところで、乗り換えるつもりなど無かったけれども 13年の12万キロに大金を出して整備する価値があるのかどうかをよく考えた結果、買い替える事にした。

私は長い人生の中 未だに一度も新車を買った事が無いので このあたりで初の新車を買ってみようか、と車のディーラーへ行ってみた。

私は以前からのボルボ党なので 行ったのは当然、ボルボのディーラー。

でも新車を買う気満々でディーラーへ行ったのは良いが どうも今のボルボには満足できる車が無く どうも中途半端な車に変わってしまってる事が分かった。

今まで乗ってたのがV70でジャストサイズだったので 今度も狙いはV70だったけれども なぜか今のV70は図体がやたらとバカデカくなってしまっていて使い難くなる事が一目で分かったのか私の触角は反応しなかった。

Design 

営業マン曰く、「V70は大きくなり過ぎていて以前のV70からの乗り換えならV60が良いかと思います 前のV70とほぼ同サイズです」との事だったので V60を見てみるとスタイリングが非常に良くなっていて恰好は良かったので少し触角が反応しそうになったけど ラゲッジスペースを見て・・・・・・・  

営業マンはV70と同サイズだとは言ったけれども V70と比べて二回りほど狭く これも反応しそうになった触角が引っ込んだ。(笑)

Safety 

どちらも安ければ考えたかも知れないけれども 新車の価格では買う気にはなれない、私にとっては、なんとも中途半端な車だった。   

そんなところで またもや得意の中古車に・・・・!!


特に変わった車が欲しいわけでもなくタイプとしては同じ車で良いので ボルボV70Ⅱの最終型になるクラシックをいつもの車屋さんで探してもらってみたけれども 程度と価格を考えて手を出す気になる車がすぐには見つからず、時間を掛けて探してもらう事にしたところで ふと、その車屋さんの整備工場に停めてある車が目に入った・・・

V70より小さいけれども 外観でのパッと見はV60よりもラゲッジルームが大きそうに見えたので、車屋さんに 「あの車は何?」って聞くと 

「あれはV50ですが今はもう生産されてません」と・・・・

「その車、見せてもらっていい?」 と その車の中を見せてもらうと 車体もラゲッジルームも今までのV70より一回り小さいけれども ラゲッジルームがV60ほど小さい訳ではなく、なんとか使えるサイズという感じだったので車屋さんに「V70が見つからなければV50でも良いわ」って言うと

「じゃ、この車、入ったところですが如何ですか?」と・・・・・・・

売り物として仕入れた車を整備していたところだったそうで そこへ獲物(私)が喰い付いたというパターンのようでした(笑)

俗に言う 入れ食い!!

Dscf1219

2008年式で走行距離がわずか8800キロと ほとんど走っていない!!

非常に状態が良い車だったので即決! ボルボ4台目

価格はV70で探す事を考えると だいぶん安く抑えられた気がする。



とは言っても 想定外の出費になったので しばらく魚もサンゴも買いませんよ(汗)


納車は今週末あたりになる予定。

2014年1月12日 (日)

炭素源 1日2cc

炭素源を1日2ccまで減量して1週間

硝酸塩は0.25ppm

リン酸塩は0.1ppm

減量前と変わらない値なので 2ccのままあと1週間様子を見て それでも栄養塩が上がらない様なら とりあえず炭素源の使用を完全に中止してみる。


P1120009
coke-system がより一層熟成してきて コケでコッテコテになってきた(笑)

もしかするとBPシステムよりもエコシステムに近いものになってきたかも知れないので

ひょっとすると 炭素源はまったく必要無いのかも知れない・・・・・

そのあたりをじっくりと確かめていく事にしよう!


 

2014年1月 6日 (月)

クーラーの掃除

いつも冬になると クーラーを掃除しないと、という義務感だけはあるんですが なんだかんだと結局のところ面倒臭くて夏前まで掃除しないのが毎年の事(笑)

でも この正月は 年末に車検に出した自家用車がガタガタで目を剥くほどの整備代が掛るとの事で車検を取り止めて次の車を探す事にしたので代車しかなくて あんまりウロウロできないので 退屈しのぎにクーラーの掃除でもする事にした!!


いつもなら必要性に迫られてからの作業で ゆっくり時間を掛ける事ができなかったけれども今回は全く必要性が無い時期なので いつもよりも本格的にやってみる。


クーラーは掃除の事を考えて いつでも外してバイパスできるように配管してあるので まずはクーラーをショートカットしてバイパスしてから クーラーの入り口側に予備のポンプを繋ぎボールにポンプを入れて クーラーの出口側にもホースを繋ぎ同じボールに入れる。そしてのボールに10リットル程度の湯を入れてポンプの電源を入れて湯を循環させる。

P1050004
そして 水はできるだけ高温にした方が汚れも落ち易いので 300Wのヒーターを入れておく。サーモスタットは使わずにヒーターだけなので あまり長時間目を離すのは危険ですが 真冬の屋外での作業だからか、300Wのヒーターでは47℃程度までしか上がらなかった。

そしてこのボールの湯に 500gのクエン酸を一瓶すべて入れる。

これで 濃度がおよそ5%。

このまま3時間程度ポンプを回しておいてから 寝てる間は危険なのでポンプを止めてヒーターも抜いて そのまま翌日の夜まで放置しておく。


そして翌日

また水道からホースを引っ張ってきてクーラーの出口側に繋ぎ水道全開で中のゴミと一緒にクエン酸を吐き出させる。

クエン酸の漂白力なのか、それともゴミが溶けてしまったのか?、意外に汚物は出てこない(笑)

いつもなら これで終わりですが今回はもう一度、別の物を使って掃除する。

クエン酸で落ちる汚れはアルカリ性の汚れで 酸性の汚れは落ちないので 今回は酸性の汚れも落とす為にアルカリ系の洗浄剤も使ってみる事にした。



使うのはこれ↓

P1050005 
風呂釜の洗浄剤を使ってみようかと調べてみると 風呂釜の洗浄剤の主成分は 酸素系の漂白剤(過炭酸ナトリウム)だとか!

なので ドラッグストアに行って「何か酸素系の漂白剤は有りますか?」と聞いてみると 出てきたのが「キッチンハイター」


先のクエン酸が綺麗に抜けたところで もう一度ボールに湯を入れてヒーターを入れ、ポンプを回してから 今度はこのキッチンハイターをボールに入れて循環させる。使用量はキッチンハイターの取扱説明を見て5リットルの水に対して20gが適量の様なので 少し濃い目にするために10リットルの湯に対して60gのハイターを入れた。 

P1060007

ハイターを入れると シュワ~~っと泡が出てきて いかにも綺麗になりそうな感じに見える!!

洗浄してる感、バリバリ!!

これは良いかも(気分的にね)


そしてクエン酸の時と同じように2時間程度ポンプを回した後、ポンプとヒーターを止めてそのまま翌日まで放置。



そして 翌日

また水道を繋いでハイターの成分を完全に抜いて完了!!

クエン酸もキッチンハイターも、どちらにしても水アカが ドバドバ出てくる訳でもなく 汚れた水が出てくる訳でもなく 本当に綺麗になったのかどうかはサッパリ分かりません(たぶん これで良く冷えるようになったりは しないと思う)

でも やる事をやった満足感は十分にありますね(笑)


もう夏前までクーラーは必要ないので そのまま接続せずに水を抜いたままで置いておく!!

2014年1月 4日 (土)

栄養塩が上がってきた

栄養塩を上げる為に 徐々に添加する炭素源を減量してきており

現在、炭素源を1日あたり2ccまで減量してきたところでようやく狙い通りに硝酸塩が上がり始めてきた。

P1040076
0.25ppmあたり

リン酸塩は特に変化なく 0.1ppmあたりで落ち着いている。

今のところサンゴに不調は見えず、逆に少しパワーが出てきているように見える。

P1040082 

P1040079

P1040078

P1040077
このまましばらく 硝酸塩を0.25~0.5ppmあたりで維持してみる事にする。

 

2014年1月 1日 (水)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

Imagescamj7u3x_2

本年も好き勝手にアクアを楽しんでいきますが

どうぞよろしくお願い致します。