リンク

  • ninja analize
  • にほんブログ村

  • ジオターゲティング
  • ヤドカリ図鑑
  • リーフリング
  • NinjaTool
  • カウンター
    無料カウンター

« 2009年4月 | メイン | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

チビクイーン 13日目 餌付け成功

P5301346

今日で入って13日

昨日から突然 目覚めたようにメガバイトグリーンを食べ始めた

しかもバク食い

その上に 今日は少しではありますが焼き海苔も食べ始めた

餌付けとしては完了で、やっと第一ステップクリアと言う感じです


こんなに手こずった大型ヤッコは初めてですが やっと懐いてきました

このまま餌付け水槽で1~2か月間、少しづつ芸を覚えさせてから 本水槽デビューという事になります・・・・芸が無いと本水槽では生きていけません
これが一番大変な事かも知れませんが この大きな体格差でクリアできるのか どうか?



こいつは もうすぐ「手乗りヤッコ」に仕上がります

P5302115

2009年5月29日 (金)

予想通り出た!!

予想通り出た

何が?


ようやく完成した激波

思った以上のパワーを出してくれて 大満足なんですが


予想通り出ました


水が出た?

魚が飛び出た?

火花が出た?


違います

出たのは苦情です
妻からの苦情です


波がフランジの高さを超えるものですから 波がフランジに当る チャポンチャポンという音が非常にうるさい

夜中はさすがに止めてるんですが タイマーで朝5時半頃から波がスタートします
目覚まし時計のように大きな「チャッポンチャッポン」が始まりました
昨日は波のタイミングを少しずらす事で波を小さくしてたのですが 面白くないので昨夜、タイミングをばっちりと合わしておいたのでした・・・

波を立てると 2つの音が発生して 1つはこの「チャッポンチャッポン」
もう一つはフロー管から水が落ちる音が「ザバザバ、ザバザバ」と 2種類の音が 普通に回してる音に追加されて発生するようになりました 元々いろんな音が出て煩かったのですが みんな慣れてしまって問題なしでしたが ここへ追加となると・・・・・

個人的には2つ目の「ザバザバ、ザバザバ」という音は 何となく波打ち際にいるような音に似ていて嫌いじゃなく(妻は嫌がってる)また以前の機械式の時から出てた音なので慣れてるのも有って 気持ちよく寝れるんですが「チャッポンチャッポン」は非常に不自然な音で 字で音を表現するのは難しいですが「チャッポン」というより「ペチャ」かな?、水面を平たいもので叩く音を想像してもらえば分かるかな?自然界ではあんまり発生しない音です(川とか海とか) 
多少の音は気にならない私でもちょっと嫌な音で しっかり目が覚める上に、2度寝はできないという事で 止められない目覚まし時計になってしまいました


どうしよう?

波を小さくするのは簡単な事ですが 一度大きな波を見ると小さくしたくは無いし できるものなら もっと大きくしたいくらいで いけないと分かっていても大きくしたい
一度使うとやめられないし 一度強くすると弱く出来ない
私にとっては麻薬みたいなものです

波を大きくしたままで このフランジに当る音を無くすには・・・・・
フランジを無くす訳にはいかないので あとは水面を下げるしかない

水面を2センチ下げればフランジに当らないので 下げる事にします
フロー管のカットで水面を下げる事にします

作業としては簡単な事なんですが
水槽の高さと足場の問題で体勢が非常に悪くて 結構大変な作業になるので また週末にでも気合を入れてやってみたいと思います・・・・



それよりもっと大きな問題が・・・・・・

アクアじゃないので ここでは書きませんが
しばらく更新が減るかも知れません

2009年5月28日 (木)

チビクイーン 11日目

P5281402

P5281345 

まだ乾燥餌は食いません

なかなか頑固なヤツです

ブライン、赤コペ、イサザ、ハンバーグと冷凍食品は一通り食べるので 栄養の問題は そんなに心配してませんが 早く焼き海苔を食わせたい

少し前まで ブラインでも目の前の餌を全て食べるのではなく 美味しそうなのだけを選んで食べてましたが ようやく俗に言うバク食い状態にはなってくれました
そろそろ、加工食品を食ってもいい頃なんですが・・・・

まあ、元気だからいいけど・・・・

カリビアンだからって値打ち付けやがって!!

2009年5月27日 (水)

ウェーブボックス 「激波」gekiha 完成

ウェーブボックスがようやく完成しました

先週作ったウェーブボックスで充分な力を発揮できていたのですが 私としてはもう少し物足りない感覚でしたので2セット装着する事にしました
本家のTUNZEを超える能力を1セットで充分出せたのですが 欲が出るもので 2セット連装すればどこまで大きくできるのか

2倍の波になるのか?
また、普通、2連装する場合は向い合せにセットするものですが 両端にセットするのは非常に邪魔になる そこで、向かい合わせにしなくても同じ側に2つセットしても同じじゃないかと思うので それも確認したかった

ということで、箱も作成済みで電源のACアダプターの入荷を待っていたところでしたが それも到着したので 電源の配線を少々

早速セットしてみた

まずは、同じ側に2セット並べてセットしてみる


夜中は止めていて、朝起きる前から波がスタートするのですが 朝起きて見ると デトリタスを波が巻き上げて、こんな感じで水が濁ってました
これくらいの波を立てるとデトも舞い上がります
これはいい!!


水面から見ると

これだけ立てると気持ちがいい!! という感じで すっきりします

目標は7センチで そこまでは届かず 約6センチというところでした
でも正直、6センチの波というのは未体験ゾーンでしたが これでもちょっとやり過ぎでした
目標には足りませんでしたが これ以上大きな波を立てるとフロー管から落ちる水のゴボゴボ音やら、フランジに水がパチャパチャ当たる音やら、とにかく五月蠅くなるので これくらいにしておく事にした
やり過ぎで妻から苦情が出そうな感じです

これ以上大きくする必要も無いのですが 検証の意味で念の為 向い合せにもせっとしてみた

想定していた通り、同じ側に2つセットするのも 両側にセットするのも 波の大きさは変わりません
箱の圧迫感を考えると、やはり片側に並べた方が良いだろうと思う

正直、ちょっとやり過ぎましたので 少し周期を規定の周期から0.02秒ずらして 波を小さくしておきました

惚れぼれするパワーを発揮してくれるパワーヘッドのコラリア マグナム8はパワーヘッドとして使う事ができたのも嬉しい事です
このマグナム8をウェーブボックスに使うのは正直、勿体ないと思ってたところでしたが 捜し求めていたポンプに巡り合えたのでマグナム8をウェーブボックスに使う必要もなくなりました
これで マグナム8を強力なパワーヘッドとして水槽を掻き回しながら、ウェーブボックスでうねりを作るという究極の水の動きを作る事ができました
これは私が理想としていた水の動きです

これで今回のウェーブボックスの完成です

名付けて「激波」gekiha

水流に関しては もう望むものはありませんので また改めて、水質管理に没頭していきたいところです


因みに、今回のウェーブボックスの心臓になったポンプに関しては非常に扱い易いポンプで それでいてパワーがあるという 私達、自作派が待ちに待ってたポンプで 少し器用で電気の知識が少々あれば 難なく強力なウェーブボックスが作れる優れものですが
近いうちに公開できると思いますので それまでは内緒とさせてください

2009年5月26日 (火)

いつまでもチビじゃない

P5251319

いつも チビと言ってるカクレクマノミのチビ達ですが もう家で孵化して今日で208日(7ヶ月弱)になりました

こうしてチビクイーンと並ぶと ほぼ同じ大きさで チビクイーンと互角の勝負をしてる

いつまでもチビじゃないですね もう4センチほどになりました

元は30匹いたのですが 残り9匹になりました


出家した中で ダイブしてしまったのが1匹いますが弱って死んだのは1匹もいませんし

家でもダイブしたのはいますが 落ちた(違う意味で)のはいません

元々カクレクマノミなんかは非常に丈夫な魚で 先代のカクレなどは殆ど故障して機能していないシステムで14年間生きて生涯を全うしていきました
中でもブリードはやっぱり強いです


まだ、欲しい方がおられたら送りますよ~~~
遠慮なしに言ってくださいね
魚を愛してくださる方なら誰でも結構です

もう小さくて可愛いっていう時期は過ぎましたが・・・・・・

2009年5月24日 (日)

換水

今日、本当はウェーブボックスを もう1セット追加するつもりでしたが 配線関係のパーツが少し足りない事が分かったので 今ある部品でできるところまでだけ準備しておきました

ちょうど換水の予定だったので いつものようにトロロの吸い出しと 久しぶりに本水槽のデトリタス舞い上げをやっておきました
いつもは20L/分ほどのPHで吹き飛ばしてたのですが 今回、コラリアマグナム8で巻き上げてみました

やはり強い、水槽中のデトが吹っ飛んだ感じです

P5241151

ここのところバロニアが減少しつつある
これもまた理由は分からない けれども どんどん減ってきている
変わった事と言えば 流れが強くなった事とスキマーが強くなった事くらいですが ほんのちょっとの環境変化で繁茂したり衰退したりと 藻類をコントロールするのは難しいものです

少し調子が下がり気味だったサンゴも調子が戻ってきているし サンゴの調子が上がって藻類が衰退してくれれば一番良いのですが・・・・

ということで いつも通り200リッターの換水とバイオダイジェスト3アンプルとバクテリアの餌にみりんと黒酢を合わせて4cc添加しておきました

早くウェーブボックスをダブルでセットしたいのですが もう1~2日先になりました

2009年5月23日 (土)

ウェーブボックス OFF時にも電圧をかける

以前にも何度か書いてますが このポンプの特性で 負荷のある状態でスタートさせると ほんの少し つまづいてスタートがモタつくというのがありました

少しなので そんなに気にするほどの事でもありませんが耐久性などに影響がないか という部分で少し気になっておりました

そこで このポンプの場合、電圧の調整だけで強度が変えられるなら OFF時にも回し続ければ解決する という事から先日仕入れてた 大電流用の可変抵抗(ボリューム)を使ってみた

やったのは簡単な事で ボリュームで抑えた電流をOFF時にも流し続けるというだけです
ボリューム全開(抵抗なし)で普通にウェーブボックスをスタートさせて ゆっくりとボリュームを絞っていく
全開時には当然ポンプはフルパワーで回り続けるので波にはならない
そこから ボリュームを絞ると徐々に波が出始め ポンプが止まる寸前までボリュームを絞ると ポンプは回り続けるけれども波はしっかりと上がるという状態が出来上がる

OFF時にも少し回ってる訳ですが 思ったほど波が小さくなる訳ではなかった
これは ポンプが回る事で引き込み時の抵抗が上がるので水面の上がり方が少し遅くなるが ポンプの立ち上がりが強くなるので その分でカバーできているように思う
これなら 何の心配もなく非常にスムーズに安定して水面が動く


それから もう少しボリュームを絞ってみるとOFF時にはポンプが止まるんですが ピタっと止まらず少し引きずりながら止まる感じになる
電気やモーターに関して詳しくないので 理由は分かりませんが こうして少し電流を流しておくと止まるけれども ポンプのスタート時のつまづきが無くなった

どちらが より良いのかはまだ分かりませんが 当然の事ながら電流を流しながら止めてしまう方が波は高くなる
どっちにしても良くなった事には変わりないと思う

まずはDC5V強の電圧で ポンプを止めない映像


水面が完全に上まで上がっていないのがわかる


こちらはDC3Vでポンプをとめる映像


こちらは完全に上まで水面が上がる

チビクイーン 6日目

P5221168 P5221176 P5221204

冷凍餌しか食わないのは 相変わらず

乾燥餌に興味は示すものの 1粒も食った事はない

背肉もだいぶん付いてきたし 色も濃くなってきているので まあ焦る事はないし ゆっくり乾燥餌は食わせていこうと思う

白点も出てるけれども これも当たり前だし放置でいく


それにしても大型ヤッコに6日間で乾燥餌が食わせなかったのは 初めてじゃないかな?
まあ、素質のある子なので それも許そう
せっかくのカリビアンですから、今のブラジリアンのボスを超える色に育ってもらう事にします

じっくりと躾ていきますよ

2009年5月22日 (金)

ハナダイ軍団

ハナダイ軍団
P5170852_2   

少し距離を置いていたメラネシアンアンティアスも ほぼ完全に合流してハナダイ軍団の一員となりました
ハナダイの仲間は異種でも一緒に群れを作ってくれるのが面白くて好きで どんどん群れを大きくしたくなってきますが調子に乗って大きくし過ぎると 水質も心配なので あんまり大きくすることは考えないでおきます

あとはパープルクイーン辺りを混ぜたいところですが 気の強い軍団なので難しいんだろうな?

2009年5月21日 (木)

ウェーブボックスの箱 その2

昨日作った箱の吐出口は大きさの違うのを2種類作って取り換えられるようにしておいた

P5201140

昨日使っていたのは直径70ミリ、ポンプの吐出口の直径は60ミリ

もう一つは直径80ミリで その大きい方に取り換えてみる

動きはこんな感じで 70ミリよりも水面の上がるスピードが速く 映像で分かるかどうかですが、なぜか箱の水面が勢いで一瞬、水槽の水面より1センチほど上まで上がる
これは面白い

波の高さはというと 昨日より1センチほど上がって約4センチ

吐出口の違いで波の大きさがこれだけ変わるという大きな発見です

それから もう一つ

あくまでもこのポンプの特性上という事で負荷の無い状態では 完全なON、OFFは問題なくできるのですが 水が逆流してる状態から 水を押しのけて(要は負荷をかけて)スタートさせると つまづいてスタートが遅れる事が多いですので 押し返さなくてもいいタイミング、要は上がりきった水面が下がり始めた時点でぴったりとスタートさせるタイミングに調整すると スムーズにスタートして瞬発力を発揮します
この辺りのタイミングを見つけて ONの時間とOFFの時間を別で調整すると(周期は変えない)最高の能力を発揮して プラス1センチ

これで 以前の機械式とほぼ同じ波が作れるようになった

普通ならこれで充分な波ができてます


ただ、せっかくなので津波を目指しますし ここから更なる強化はもう少し先に・・・・・