リンク

  • ninja analize
  • にほんブログ村

  • ジオターゲティング
  • ヤドカリ図鑑
  • リーフリング
  • NinjaTool
  • カウンター
    無料カウンター

« 2008年9月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金)

単なる記録 2008/10/31

・記録・

嫌気タンク・完全ストップ
オゾナイザー・OFF
スキマー強度・強 水面最上(インジェクター改良)
リアクター・CO2 1滴/秒 排水 3滴/秒
水温・26℃
鉄釘・約50本(スキマーの釘は取り出す)
添加剤・com2
吸着剤・なし
陽光ランプ・集光に変更
換水・10/26 200リッター
硝酸塩・2.5ppm
リン酸塩・0.1ppm
KH・11~12
比重1.023

状態・やや上向き 60点

・カクレの生存率
残り50匹くらいかな

・クロレラ、ワムシ二次元培養
完全にダメ
クロレラから再度リセット
もう間に合わないと思うけど タイミング的にはブラインの二次元培養に使えるかも

・コエダミドリイシの元色が少し戻ってきている(グレーが)

・ミドリイシグリーンの緑色も少し乗ってきている
陽光ランプの効果か、嫌気タンクを止めて水が良くなってきたのか

・シコロサンゴの成長が加速されたのか色の薄い部分が増えているのとポリプがふさふさになってきている

・ワムシの栄養強化剤が今日届く

・ハナヤサイサンゴ
ポリプの出はまあまあ
まだ良いのか悪いのか判らない

・CO2ボンベ再充填 8ヶ月使えた

2008年10月30日 (木)

カクレの孵化

カクレが無事に孵化しました

孵化率としては90%くらいは いけたかな!!

今回は卵を飼育ケースに隔離してから孵化させたので 捕獲して飼育ケースに入れるのと違い ショック死したのがほとんどいない

今朝の時点で1/5くらいは落ちた様ですが これは仕方が無いでしょう

あと過去にやってたときは 産まれたての稚魚のときには できるかぎり飼育ケースに流を作らないようにエアレーションなども非常に弱くしたました
これは よく言われる事でちょっとの水流に巻き込まれるだけで目を回して溺れ死ぬというのがあったからですが

今回は なんとなく流があるほうが良い気がして あえて弱いけれども水流を作ってみた

そのせいかどうか 今朝の生き残りが多い気がする

単なる記録 2008/10/30

・記録・

嫌気タンク・完全ストップ
オゾナイザー・OFF
スキマー強度・強 水面最上(インジェクター改良)
リアクター・CO2 1滴/秒 排水 3滴/秒
水温・26℃
鉄釘・約50本(スキマーの釘は取り出す)
添加剤・com2 スプーン2.5杯
吸着剤・なし
陽光ランプ・集光に変更
換水・10/26 200リッター
硝酸塩・2.5ppm
リン酸塩・0.1ppm
KH・11~12
比重1.023

・カクレの生存率はまあまあ高い気がする
孵化してから今朝まで 水量強で回しておいて 今朝から給餌し始めた
ちょっとヤバイ二次元培養のワムシと 普通のワムシを入れて 給水を点滴に切り替えて エアレーションで水流を作る
今のところ生存率は70パーセントくらいかな

・クロレラ、ワムシ二次元培養
色が茶色くなってきている 枯死し始めている
少し維持期間が長過ぎた!!
前回の孵化時期ならバッチリだったのに

・本水槽の硝酸塩は2.5ppm
強くしたスキマーが効いてきたのか バランスが取れてきたのか 嫌気タンクを止めても硝酸塩が下がりだしてきた 以前の好調時の再現なら嬉しいが ハナガサに変化はない

・スキマーを強化しているけれども 今回は泡が上がらなくなる事はなく 順調に汚れを取ってくれている
ライブマッドを導入したお陰か?
どうなんだろう

・コエダミドリイシの成長点が少しだけ復活し始めている

・ワムシの二次元培養がヤバイので栄養強化剤を注文しておいた

・新入りでハナヤサイサンゴを入れた 
色はブラウンパープルという事だったが どちらかと言うとブラウンに少しピンクが混ざってる感じ
色が上がるのか、下がるのか?

Pa290006

2008年10月28日 (火)

カクレの孵化準備

Pa270001

Pa270005

  

そろそろ孵化が近付いてるようなので 卵を隔離しました

見た感じ目玉もギラギラしてきたし、今晩孵化かな?
 

2008年10月27日 (月)

海は中止

この週末 海へ行くつもりでしたが あいにく悪天候だったので中止し 来週に延期することにした

で、この週末は家で 換水と火、水あたりのカクレの孵化に合わせてクロレラやワムシのセット替えなどの調整をしておいたのと トロロの吸出しなどの雑用をしておいた

あと、スキマーのインジェクターを改良して より多くのエアを送り込んでも綺麗に泡立つようにして お茶程度の汚水が上がるようにしたのと 嫌気タンクを完全に止めてみた
これは 今まで何があっても元気だった無敵のコエダミドリイシが調子を落としてきたのと嫌気タンクを稼動させた時期が一致するように感じたからで 嫌気タンクを止めるならスキマーを強くする必要があると感じたからです

これでしばらく回して コエダが回復してくれるかどうかです!!

Pa240004

成長点がなくなってるし 夜のポリプも開かない
それに トロロに負けたのかどうか 根元に禿げ上がりもある

無敵だったのに!!


2008年10月26日 (日)

単なる記録 20081026

 ・記録・

嫌気タンク・完全ストップ
オゾナイザー・OFF
スキマー強度・強 水面最上(インジェクター改良)
リアクター・CO2 1滴/秒 排水 3滴/秒
水温・26℃
鉄釘・約50本(スキマーの釘は取り出す)
添加剤・com2 スプーン2.5杯
吸着剤・なし
陽光ランプ・集光に変更
換水・10/26 200リッター
硝酸塩・5
リン酸塩・0.1ppm
KH・11~12
比重1.023

・換水200リッター

・クロレラ、ワムシ二次元培養
クロレラの濃さも変わらないのでワムシを再度追加
孵化に合わせて調整

・本水槽の硝酸塩は5ppm
少しスキマーをより強くする為に水面を最上にセットし インジェクターの鉢底ネットを外し 直接ドライボールに水が当るように改良

・コエダミドリイシの調子が悪い 無敵だったのに根元から少し剥げてきている トロロのせいか
シアバクの発生とミドリイシの調子が やはり一致しているか
シアバクが出る時のほうが全体的に調子が良い!!

・ワムシを2ケース 孵化に合わせてセット替え
 

2008年10月24日 (金)

海に行く

ちょっと気分転換に海に行く事にした

海と言っても サンゴがある海じゃない

近くの海です 

近くと言っても2時間くらいはかかるけどね

ここのところ トロロは衰退気味だけど トロロが絡んでる硬いヒゲゴケがあまりに硬くて 掃除ができない

このヒゲゴケはホンヤドカリは綺麗に掃除してくれるけど 名前は知らない 家にいるヤドカリは手に負えないようで 全くダメ

以前はホンヤドカリもたくさん居たんだけど リン酸塩の除去用の薬の過剰投入でみんな死んでしまった

なので 今回の目的はホンヤドカリ採集!!

行き先は若狭湾(ホームグラウンド)

最低でも50匹は捕ってくるつもり・・・・・・
ケヤリムシも居れば捕ってくる

先々週はまだ そんなに寒くなかったけど どうかな 寒くなってるかな?

2008年10月23日 (木)

カクレの産卵 4回目

カクレが4度目の産卵をした

Pa230002

*植木鉢の色と同化して 見えないなぁ!!

今回もちゃんと植木鉢の中に産卵してくれたので 作戦は予定通りに進められる

前回は孵化の時期を読み違えて 作戦失敗に終わったけど 今回は何としても成功させる!!

餌にするクロレラやらワムシやらをずっと維持してられないから あんまり何度もやりたくないんですよ

今はサンゴや魚より ワムシやクロレラをメインに飼育してる様なものですから(笑)・・・・・

まあ、孵化してからの飼育の方が大変だろうし 成功するかどうか分からないけど 予定では今回で一端、中締めと言う事にしますので ちょっと本気でやりますよ

孵化予定は来週の火曜日か水曜日

2008年10月22日 (水)

単なる記録 2008/10/21

・記録・

嫌気タンク・30リッター 排水 0ppm
オゾナイザー・OFF
スキマー強度・強 水面最上
リアクター・CO2 1滴/秒 排水 3滴/秒
水温・26℃
鉄釘・約50本(スキマーの釘は取り出す)
添加剤・なし
吸着剤・なし
陽光ランプ・ON
換水・10/5、400リッター
硝酸塩・2.5~5
リン酸塩・0.1ppm
KH・11~12
比重1.023

・クロレラ、ワムシ二次元培養
クロレラの濃さも変わらないのでワムシを追加

・本水槽の硝酸塩は2.5~5ppm
少しスキマーを強くする為に水面を最上にセット

・SPSの夜のポリプの出が悪い
週末に換水するつもりで 塩を溶かしているが どうも溶け残りが出る
今回の塩はサラサラだけど やっぱり古いのかも知れない
ちょっと嫌な予感

・カクレが4度目の産卵!!

2008年10月20日 (月)

チビサンゴ作成

Pa180001

Pa180002

Pa180003

先週、枯れ始めてたトロロをたくさん吸い出しましたが 又新たに枯れ始めてる部分が増えてきたので レイアウトを動かしながら とことん吸出しをやってみた

かなり吸い出したものの トロロだけではなく硬いヒゲゴケもあって このヒゲゴケに絡み付いてるトロロは吸い出しきれなくて ヒゲゴケごと引き千切ろうとしても難くて切れない

これはホンヤドカリを投入するしかない!!

そんな事でレイアウトをいろいろ動かしてトロロの吸出しをやった後、水槽を見ていると 大きく成長したエダコモンサンゴの折れた枝先が所々に落ちている

このエダコモンは成長も早いので 近いうちに枝打ちしてブリードしようと思ってたサンゴなので丁度良い と思って 落ちた枝先を拾って 小さな土台に接着して大きくブリードする事にしました