リンク

  • ninja analize
  • にほんブログ村

  • ジオターゲティング
  • ヤドカリ図鑑
  • リーフリング
  • NinjaTool
  • カウンター
    無料カウンター

« 2008年6月 | メイン | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月28日 (月)

嫌気タンクは安定してきたが

週末は久しぶりにゆっくりできたので 硝酸塩以外に リン酸塩、KHも合わせて測定してみた

硝酸塩 2.5ppm以下
リン酸塩 0.1ppm以下
KH 9~10

このKH 9~10と言うのは テトラのKHテスターで 測定水量が本来12ccのところ 節約して6ccで測定していて 試薬5滴で反応したという事です
数値としては優良ですが これがサンゴにとって良い状態なのかは別問題だと捉えてます


P7270007_2

左が硝酸塩
右がリン酸塩

嫌気タンクもようやく安定に入ったようで もう硝酸塩に関しては心配の必要はなくなった
ただ、もう一度 嫌気タンクは止めるか、小さくするつもりなので これで良しという訳ではありません

合わせてスキマーのインジェクターの中の泡出し器をイジって より多くの泡が上がるようにセットしてみた
これも それが良いのかどうかはまだ判らないので これからの様子見です

あと 最近縮み癖が付いてしまったハナガササンゴは相変わらずで3個の内、2個は完全に引っ込んでしまったのと 開いてる1個も開き具合は全盛期の半分くらいしか開いていない
縮み始めたキッカケはクイーンが突いたのが原因なのは、はっきり確認している事なので間違いは無いのですが それだけでは無い気がしてきました
スイッチが切れた様です!!
合わせて3個あるスジチヂミトサカも同じ感じで小さくなってきてる気がする ハナガサの状態と重なってる
と言う事で 以前に復活し始めた時のように嫌気タンクを止めるという事を もうしばらく回してからやってみようと思います
要は 以前にハナガササンゴの調子が良くなってきたときにやっていた事をもう一度 やってみようと思った訳です
同じ事をやったからと言って同じ環境になるかどうかは分かりませんが とにかくやってみるという感じです

あと、私にとってはちょっと残念な事で 私がサンゴを育てるキッカケになったベルリンシステムを伝授していただいた近所のサンゴ屋さんで私の元師匠の店(カイナッツォ)が京都から和歌山に移店するらしい
昨日、塩を買いに行って聞いた事ですが非常に残念です

2008年7月24日 (木)

モモの収穫

まずは今年のモモの収穫

P7210001_6

しかし、モモに関しては今年は最悪でした!!
収穫できたのは 僅か5個だけ
こんな年は初めてです

モモに限らず果樹のトラブルの一つで裂果というのがあって その名の通り果実に亀裂が入って割れてしまうトラブルで 毎年、いくつかは裂果してダメになるんですが それでも50個以上は収穫できるんです
それが今年は9割以上が裂果して 残りは虫にやられて・・・・・・最悪です

でも、最後に残ったモモは、それはそれは美味い事!!
スーパーに売ってるモモとは違います

あとは、ブドウも少しづつ色がのり始めてきたので どこまで糖分がのってくるか?
ブドウは毎年苦戦していて 最後の仕上げがうまくいかない事が多いですが 見た感じ今年は期待できそうです

で、次は動画の貼り付けテスト

特にネタはありませんが スレッドフィンアンティアスはインドキンギョハンダイと仲間だと思ってる様でいつも いっしょに群れになってる気がします
元はトリオだったのに 硫酸アルミニウムの使用失敗で2匹落としてしまってたので 仲間を入れてやらねばと思ってたのですが 必要は無さそうな感じです
仲良しの様です

あと硝酸塩に関しては かなり下がってきてもうすぐ0になるだろうという感じ
でも いつもの事ですがサンゴに変化は見られません!!

2008年7月20日 (日)

ほんの少し上向きかな!!

P7200056 やっと硝酸塩も2.5ppm以下まで落ちてきて 特に他の部分はイジっていないのもあってか? ほんの少し状態が上向きになってきてる気がする

上の画像はエダコモンサンゴで色は茶色で特に目立つ物ではありませんが 入れてちょうど1年くらいになります 一番大切にしているチビミドリイシと同時に入れて コイツも枝先2センチくらいの生き残りから復活してきたものですが これのほうが成長が早いです チビミドリイシの3倍くらいまで成長しました

緑色のエダコモンもそうですが丈夫でよく成長するサンゴです

シアノバクテリアはまた登場するようになってきたけれども 全く気にしなくなりました Tetsuoさんのお陰です 最近はシアノバクテリアが石灰藻と同じように可愛く思えるようになってきました

このシアノバクテリア、思いっきりブルームしたかと思えば ある日から突然出なくなったり まったくコントロール不能です 栄養塩が多いとか少ないとか、そんな単純なものでは無い気がします

こういう思い通りにいかないヤツはなぜか可愛く思えるんです!!・・・・・私だけでしょうか?

フルブルームの時と比べると1/3くらいですが これから増えるのか、減るのか また観察していきたいと思います

ただ 悲しいかな夜は消えてるので状態を把握できるのは休みの日だけです

合わせて石灰藻も少し多くなってきましたね 以前は全然出てこなくて 石灰藻に憧れてたものですが このままでは掃除が大変になるかもです でもライブロックにはあまり付かずに 水槽面ばっかりですので視覚的には今一です

2008年7月19日 (土)

リンク貼らせて頂きました

この世界では知らない人はいないだろうと思いますが スーリンさんがエコシステムに関してのページをアップされましたので リンク貼らせていただきました

http://www.ne.jp/asahi/mc/minatomachi/eco.htm

奥の深い内容で非常に為になりますので興味のある方は是非とも御覧になってください

スーリンさんのページは以前から非常に内容が濃くて 私が作った嫌気タンクなども開発するに当っては嫌気還元の原理を このスーリンさんのページを穴が空くほど何度も読み返して考えたものでした

エコシステムがどんな風に進んでいくのか ワクワクします

2008年7月17日 (木)

朝寝坊!!

朝寝坊と言っても 私が寝坊した訳ではありません!!

こいつです

P7170014

朝、自転車に跨って 出勤しようとした時に足元で ひっくり返ってる不思議な生き物が

そうですセミなんですが サナギから羽化して間もない状態で羽が透明の状態!!

普通なら夜のうちに羽にも色付いているはずなのに・・・・・

ちょうど上にモモの木があるので 上から落ちてしまったのか? と思ったのですが すぐ近くにある車のタイヤに

P7170016

なんと車のタイヤで羽化したようです

この周辺の地面は石貼りで土は無く 土のあるところから5メートルくらい離れた場所です

土から出てきて すぐに木に登れば良かったのですが おそらく迷子になって ウロウロしてるうちにタイヤを見つけたんでしょうね!! 登る場所を見つけるのに時間がかかって きっと羽化するのが朝になってしまったんでしょう

勝手な想像ですが・・・・・

で、モモの木に止めてやりました

自然界は厳しいのでアリにやられるかも知れませんが あとは自然に任せる事にする

話は変わって 昨夜は帰るのが遅かったので いつもの硝酸塩の測定は今朝、やってみた

P7170006 やっと下がってきたかな?

このまま 特にシステムをイジらずに 数週間回してみようと思います こうやって硝酸塩が下がってきたからと言って 特にサンゴが元気になってきた訳でもなく 様子は変わらないのも事実です

このままで何週間も変化が無ければ 嫌気タンクは止めてみる!!

今、決めてるのはそれだけです

次はカワラサンゴ

20080210_4

これは特に話題に出した事も無い わりと地味なサンゴで 本当はウスコモンサンゴみたいな感じになればいいな と思って入れたサンゴですが やっぱり地味でした 成長も遅くて派手になるには何年か掛かりそうです

20080210_2

これは5ヶ月前の画像ですが ほんの少し成長したのが判る程度です

地味で話題にならないので ちょっと紹介!!

2008年7月16日 (水)

データが少し戻ったのか?

以前のデータが戻ってきたようですP5290160

でもまだ完全じゃないなぁ 先月のデータなどは見れない!!

これで戻ったなどと言われたら 怒るしかない

もう少し様子を見てみよう

最近の日課

P7160007 最近の日課になってる 硝酸塩の測定

特に大きく下がるはずもないけど 上がってきていないかだけはよく見ておかないと という事で毎日やってます

サンゴの様子としては 良くもなく悪くもなく 特に変化は感じません

スキマーをオーバースキム気味にして 水の透明感は上がったように思うけど それだけ!!

話は変わって 家には長い間、死にもしないけど元気でもなく また成長する訳でもないサンゴがいる

P7160011

ハナガタサンゴです

今の水槽をリフレッシュした頃に結構好きで デカイのを3個ほど入れて 入れた当初、環境が合わなかったのと 餌のやり過ぎで骨格が出てくるところまで剥げて もうダメだ 一気に剥げてライブロックになればいい!! と思って 放っておくとハゲが止まって安定してしまった

本来、このサンゴは夜になるか あるいは餌をやったりすると触手を伸ばしてくるのですが 家のは夜になっても餌をやっても 一切触手は出してこない(入れた当初は出していた)   この状態で安定して もう1年以上になるかな?

嫌いじゃないけど 家では特に面白くもないサンゴの一つです                  まあ、ちょっと綺麗なライブロックという感じです

代わって こっちは一番大切にしていて好きなサンゴ 

入れてちょうど1年くらいになります                                       5ミリくらいの破片から成長して1年掛かりでやっと5センチくらいになった

P7160008 これも今は特に元気そうには見えないけど 成長はしているようです

一応、元気と考えて良いのかどうか?

20070706_45 これは1ヶ月前の画像

状態が良かった時は もう少し成長が早かった!!

 

 

 

 

 

このサンゴがどんどん成長する環境を早く作ってやらないと・・・・・

2008年7月15日 (火)

嫌気タンク

先週末に嫌気タンクの流量を調整して 丸2日、硝酸塩だけ測ってみた               まだ2日なので そんなに大きく下がるはずもないけど 確実に下がってる これで良し      流量からすると 処理できる水量は丸1日で水槽の1/5以下なので はっきり下がるのを確認できるのは1週間後

それまで、流量が安定しているかだけは常に確認しておく必要はある

以前は硝酸塩など全く気にする必要も無く わざと硝酸塩を上げる為に苦労したものですが 今更、硝酸塩を下げるのに苦労してます                                余程、嫌気タンクが安定していたのか? バクテリアのバランスが良かったのか?

まあ、嫌気タンクはしっかりと見ていれば安定させる事はできるので(流量だけの事) しばらく目を離さないようにしていきたいと思います

    

2008年7月14日 (月)

オーバースキム

P7130006_3先週末、そろそろ硝酸塩も下がりきってるかと測ってみると 5~10ppmと 変わっていないというかどちらかと言うと上がっている

どうしたものかと嫌気タンクを見ると 排水が殆ど止まってしまっていた

90リッターにセットしてから一度調整しただけで放置していたのですが セットし直した後はしばらく流量が安定するまで 時々確認しておかないとという初歩的な部分を疎かにしていた

これでは下がるはずが無い!!

と言う事で流量を調整して 序にスキマーの水面を極限まで上げて見る事にした

しばらくの間、とことん汚れを取ってしまおうと言う事です

出てくる汚水は これで良いのか悪いのかは別として わりと狙い通りの汚水が上がってきている

P7130007_2

 色も量も良い感じ

話は変わって その後のハナガササンゴ

P7140012

完全に縮み癖が付いてしまって3個ともほとんど開かなくなってしまった

クイーンエンゼルも食べたりはしないし 数も減ったけど時々思い出したように突っついてる

完全に飽きてしまうまで復活はできないかも知れない!!

2008年7月11日 (金)

もう一度試しに

P5110015 なんとなく判ってきた